7ème Gnossienne » Open Source としての Localization

7ème Gnossienne

dynamis' blog

Open Source としての Localization

Categories: opinion  —  2006/3/19   by dynamis

2004年夏の Mozilla Japan 設立に際して私は、あくまでも一時的なボランティアだということなど、いくつかの条件の下で Firefox/Thunderbird の Localization (日本語化とか) をお引き受けしました。その後いろいろと予定と違うことなど問題がありましたが、中途なところで放棄するわけにもいかず、結局ずっとそのまま Localization の担当 (Manager, L10N Center) を続けてきました。

そして、先日からは業務委託契約と秘密保持契約の下で仕事(副業)としてお引き受けすることになりました。そこで今回 Blog を始めるにあたって、改めて少し所信表明というか、ポリシーのようなものを書かせていただこうかと思います。

誰でも自由に改良できるようにソースコードを公開し、ユーザコミュニティの協力を背景としてソフトウェアを開発することをオープンソースといい、Firefox/Thunderbird もオープンソースソフトウェアの 1 つです。従って当然その Localization についてもオープンソースの精神に則って行っていくべきです。

といっても、ユーザや協力者はオープンソースかくあるべきなどといった小難しいことを考える必要はありません。ユーザは単に自由に使い、気に入った(あるいは不満のある)ソフトウェアや開発者に対して、気が向いたときに指摘や協力をすればいいのです。誰もが自由に使って自由に協力することができること、基本的にはそれで十分かと思っています。
また、ユーザに対しても QA 協力者に対しても開発者に対しても、過大な期待や要求をするものではありません。楽しく継続的にするために、そして最終的によりよい成果を生むためには、もちろん立場や責任に応じてですができる人ができることを無理なくする、それが一番かと思っています。

これは Mozilla Japan 設立以前から変わらず私が掲げてきた方針なのですが、実のところ私自身はしばしばこれに反してきました。忙しくて数ヶ月休み無し状態になるのはよいとしても、時間確保のため副業を辞めてから生活は赤字だし本業も大変な状況になるし、時間を十分取れないために Localization でもミスがあるし満足いく品質に達することができないしといった状況でした。私が引き受けない方がよかったのだろうかと考えたり、これはもう駄目だと諦めそうになったり、正直かなり限界にきていました。

それでもどうにか続けてこられたのは、和訳プロジェクト時代からお世話いただいている池田さん小沢さん山口さん、Mozilla Suite 1.0 以前から JLP を作ってきた 古川さん、山本さん、丸山さん、私が引き継ぐことになってからもしばらく陰で支えてくれていた snip さんを始めとして JLP プロジェクト時代(から)の Joker さん、Motohiko さんshiten さんふぉーちゅんさんカスベァさん、一時期共同作業をしてくれた Pink さん、Firefox Help を担当してくださっている mar さん、訳の指摘などに止まらず個人的に寄付やマシンの寄贈までしてくださったあおもりくまさん、いつも貴重なフィードバックをくださる Cai さんlevel さん、Makoto さん、Norah さんPremier さん、RGV さん、あ さん、とおやまさんなどなど Localization に協力してくださる多数の方々のお陰です。

フルタイムでコミットするわけではないですが、何とか本業の危機も脱して時間的な目処もある程度は立ってきました。皆さんの期待と協力を裏切ることなく日本の Firefox/Thunderbird ユーザのためになるよう、できる限りのことを精一杯続けていくつもりですので、今後ともどうか宜しくお願いします。

補足:

Localization の担当をボランティアとしてしてきたのは、その後どうなるか分からないし責任を持ってできる状況ではなかったため、仕事としてはお引き受けできなかったからです。そして、今後も続けていくことにしたので、正式に仕事としてお引き受けすることになりました。 Mozilla Japan が無償労働を求めていたわけではないので誤解されないように。

オープンソースはちゃんと定義(和訳)があり、商標登録もなされている言葉です。詳細は Open Source Initiative などを参照。

No Comments

No comments yet.

RSS feed for comments on this post.

Sorry, the comment form is closed at this time.